早稲田卒のAI研究者のブログ

データサイエンス、機械学習、競技プログラミング、音楽、勉強

19卒大学院生が感じた本当のSIer(SE)、メーカー、インフラ業界の就職難易度ランキング

こんにちは!まっしゅくんです。

 

僕は去年就職活動をして、4月から晴れて社会人となります。

就職活動の際、僕はよく就職偏差値と言われるものをよく見てました。

そういうの気になってしまうのは、高校大学受験という偏差値社会を生きてきた性でしょう。笑

しかし、就職活動を終えたあと就職偏差値を見返してみると、

「いや、間違えだらけすぎない…??」

そこでこの記事では、

・僕が実際に就職活動をして感じたこと

・周りの友人の話

・会社の詳細(売上高、事業内容、ブランド力)

を基にして、SIer(SE)とメーカーとインフラ業界の就職偏差値を作成してみました。

 

記載する前に断っておきますが、前の記事にも書いたように私は就職偏差値なんて意味のないものだと思っています。

なぜなら、就職難易度なんて人によって変わるものだからです。

www.mashkun.com

 

そのため、このランキングを真に受けすぎないでご覧ください。

では、なぜこのような記事を作ったのかと言うと、就活生に知らなかった企業を知るきっかけになってほしいからです。

よろしくお願いいたします。

SIer(SE)の就職偏差値ランキング

Aランク 超難関レベル

【66】シスコシステムズ

Bランク 難関レベル

【65】SAPジャパン、日本オラクル
【64】NTTデータ、野村総合研究所
【63】日立製作所、アクセンチュア
【62】日本IBM
【61】富士通、NTTコミュニケーションズ

Cランク 準難関レベル

【60】アビームコンサルティング、NEC
【59】新日鉄住金ソリューションズ、日本HP
【58】日本総研、富士ゼロックス
【57】大和総研、伊藤忠テクノソリューションズ、NTTコムウェア
【56】SCSK、日立システムズ、JSOL
【55】NECソリューションイノベータ、東京海上日動システムズ


とまぁ、こんな感じですね!

IT業界はAIやクラウドが流行っていたおかげで、昨今とても学生人気が高いですよね。

特にITコンサルやらSEなんかはAIなどのIT技術を自分の裁量とともにビジネスに活かすことができそうで楽しそうですよね。

しかし、ちゃんとそれができるのか考えて入社してくださいね。

僕が就活しているときは、ITコンサルとSEに差異を見いだせなかったし、
どちらの職種でも自分の裁量など無く、言われたものを設計するというような印象を持ちました。

勤めているわけでは無いので、断定はできませんが。

是非OB訪問してみてください。

メーカーの就職偏差値ランキング

Aランク 超難関レベル

【70】キーエンス
【67】トヨタ自動車
【66】富士フイルム、三菱重工業、ソニー

Bランク 難関レベル

【65】日産自動車、本田技研工業
【64】日立製作所
【63】村田製作所、デンソー
【62】パナソニック、三菱電機、オリンパス
【61】ダイキン、東京エレクトロン、

Cランク 準難関レベル

【60】住友電気工業、浜松ホトニクス
【59】TDK、富士ゼロックス
【58】古河電気工業、フジクラ、コニカミノルタ、ブラザー工業
【56】シャープ
【55】東芝

とまぁ、こんな感じですかねぇ!

東芝は説明会のとき、あまり学生が集っていませんでした。。

人事の人可愛そうだったな。。笑

また、最近のソニーの就職人気は凄まじいです。

メーカーに興味ない人もとりあえずエントリーだけしていました。

最近、aiboやらtoioなどスマート且つデジタルなおもちゃを出し、

CMにあの米津玄師を起用するなど、最先端なイメージがありますもんね!

応募者の数が多い = 就職難易度が上がる ということなので、上位に入れさせていただきました!

優秀な人材を集める際、かっこいいというイメージは大事だということがわかりますね。

古くからある大企業なので、本当にスマートな会社なのかは疑問ですが。。

イメージだけで志望している方は、しっかりと説明会に参加してミスマッチを防いでくださいね!!

 

インフラ業界の就職偏差値ランキング

一概にインフラ業界の定義も難しいので、今回は鉄道、電力、ガス、航空、通信の会社をまとめました。

高速道路も混ぜたいんですが、僕も周りの友達も受けてなかったんですよねぇ、、。

それに加えて、情報が一切ない会社は省いています。

Aランク 超難関レベル

【68】JR東海
【67】東京ガス、JR東日本
【66】KDDI、NTTドコモ

Bランク 難関レベル

【65】ANA、JAL、東京メトロ
【64】NTTデータ、その他私鉄()
【63】JR西日本、東京電力
【62】中部電力、ソフトバンク
【61】NTT東日本

Cランク 準難関レベル

【60】 NTT西日本


とまぁ、こんな感じですかね!

インフラ業界は大量に人を取る必要がない、且つ学生人気が高いため非常に難易度が高いです。

志望する場合は絶対に終身雇用を前提に入社してください。

というのも、多くは寡占している企業で、他にはないノウハウを用いて仕事をするからです。

そのため一般的なスキルが身につかず、同業他社でなければ転職は非常に難しいと考えられます。

ですが、サラリーマンの中でもまったり高級と言えるでしょう。

まったり働きたい方は、ぜひ目指してみてください!

f:id:mashkun:20190312180822p:plain:h270:w300


皆様、就活頑張ってくださいね!

では!