AIを研究するまっしゅくん

株、AI、データサイエンス、勉強、経験、音楽なんでも書くよ!

面接官が逆質問を求める理由とは?聞かれなかったら不合格??

はじめに

こんにちは!まっしゅくんです!


皆さんご経験あると思います。

面接の最後で必ずと言っていいほど聞かれる、「最後に何か聞きたいことはありますか?」という質問。

そうです、逆質問です。

企業の人事は、何故この逆質問を求めてくるのでしょうか。

就活生を試している??それとも、単に質問しているだけ??


そんな逆質問が求められる理由を自分の就職活動の経験を基に考察してみました。

また、その考察を基に逆質問されない場合の理由についても考えていきます!


注意点
この記事の内容は主観なので、参考にして落ちてしまっても自己責任でお願いいたします。

逆質問を求められる理由

①与えられた情報について考え、疑問を持てるかどうかの確認


1つ目の理由として、いわゆる「質問力」を試していると考えられます。

具体的には、情報をただ受けとるのではなく、自分で噛み砕いて疑問を抱くという論理力や好奇心を測っています。

会社側も、言われたことをやるだけのロボットではなく、思考できる人間がほしいのは当たり前ですよね。


就活生は面接を受けているという時点で、その会社についてある程度知識を持っていると期待されます。

例えば、パンフレットや企業説明会から得られる、売上高や職種、経営理念などの情報です。


仮に逆質問にて、「御社の経営理念はなんですか?」なんて質問してしまったら終わりです。面接終わり。「知らないの?!?!?」ってなります。


まぁ僕は知らずに受けてましたけどね!!!向こうも知っている前提で進めているのであえて聞いてくることはありませんでした!人事の方々すみません!!


要は、簡単に得られるであろう情報が回答となる逆質問は厳禁です。

得た知識について自分なりに考えて、疑問に思ったことを質問しましょう。

おすすめ質問例

・私は御社が現在注力しているグローバル展開の事業に興味があります。そのような部署に入るには希望をすれば良いのでしょうか。もしくは社内でテストなどがあるのでしょうか。

・御社の説明会で〇〇さんが多くのプロジェクトを掛け持ちしたと仰っていましたが、平均的に1人あたりどのくらいの仕事を掛け持ちするのでしょうか。

NGな質問例

・どの部門の売上高が一番高いのでしょうか。

・御社の主要商品はなんですか?

②会社への興味や熱意を知りたい


2つ目の理由として、「志望度」を試していると考えられます。


会社側もどうせなら熱意を持った人に入ってほしいですよね。

一生懸命仕事に取り組みそうですし。


では、その志望度の高さはどうすればアピールできるのでしょうか。

僕は、「自分がその会社に内定をもらった前提」をした質問をするのがいいと考えています。


興味ない会社の場合、そんな想像すらしなくないですか??

テンプレの逆質問をするだけですよね。

「私がお話しした長所は御社ではどのように活かされますか。」みたいな。

正直、こんなこと会社側は知ったこっちゃありません。

なんなら、それを知った上で自分を会社に売り込むのが面接です。

話が逸れました、すみません。


要は、自分が入社した際の会社内での立ち位置を確認するような質問をすると志望度の高さをアピールできるはずです。


反対に志望度が無いと思われるのは、逆質問をしないということです。

単純に会社に興味がないと思われてしまいます。

更に自分のアピール回数を減らしてしまっているのでかなりもったいないです。

絶対に避けましょう。

おすすめ質問例

・私は〇〇さんのように、金融系のシステムエンジニアを経験した後に、ITコンサルタントを目指したいと考えています。そのようなキャリアパスは今でも歩むことはできるのでしょうか。

・御社に入る上で学んでおくべきことは何でしょうか。

NGな質問例

・質問はありません。

③ミスマッチを防ぎたい。

3つ目の理由として、ミスマッチを防ぎたいというのも考えられます。


大企業や人気企業だと会社の名前だけで応募してくる人も大勢います。

そのような雰囲気や仕事内容も知らないような人を採用してしまうと、入社後すぐにギャップを感じ辞めてしまう恐れがあります。

これは、会社にとっても内定者にとっても不利益です。


そこで、会社側はミスマッチを防きたいので、どんなことでも聞いてほしいと思っているはずです。

従って、正直に聞きたいことを聞いても、説明会などでは知り得ない質問であったら評価は下がらないと思われます。

ちなみに僕はインフラ企業を受けたときに、
「御社での仕事のやりがいはなんですか?」
という舐めた質問をしても通りました。

おすすめはしませんが。


また、その考えを逆手に取って、ミスマッチでは無いことをわかってもらえるような質問をするのは良いかもしれません。

例えば、少し極端ですが、
「私は会社について〇〇のような印象を持ち志望しましたが、実際はどうですか。」
というような質問です。


しかし、これは賭けでもあります。

というのも、上記の質問をして、
「違います。実際は△△です。」
なんて言われたときには、もうゴリゴリにミスマッチですから。

気をつけて利用してください。

おすすめ質問例

・面接官様がこの会社に入って感じたギャップはありますか?

・御社で働くことで自分を成長させられると感じました。面接官様は御社のどのような仕事で成長を感じましたか。

NGな質問例

・残業が少なそうですけど、実際はどうですか?


逆質問を聞かれなかった場合

たまに逆質問されない時ありますよね。

落ちてしまったんじゃないか。と不安になって、その他の選考に集中できなくなってしまいますよね。

僕も経験があるのでわかります。


上記の逆質問の意味から考察するに、逆質問されないのは

・面接での回答が良く、逆質問をするまでもないと考えられたため。

・面接での回答が酷く、これ以上面接をする必要が無いと考えられたため。

の2つに加えて、

・面接の人数が多い、もしくは面接時間が押してしまい、時間が無いため。

・単純に面接官が忘れていた。

というのも考えられます。


正直、どれかはわかりません。
面接の内容や、その日の面接人数にも依存するからです。

ですが、一言言いたいことは、

「不合格と決まったわけではないから気にしすぎないで」

ってことです。


逆質問一つなかっただけで、不合格なんてありえません。

お祈りされないよう祈っておきましょう。


最後に

今日は面接の逆質問の意味について考察していきました。

初めにも言いましたがこれは僕の主観なので気をつけてください。

ですが、一つ確実なことがあります。

それは、

「特に質問はありません」は絶対にダメということです!


では!